FC2ブログ

試合を終わって-7

2012.07.29(14:06)

大会を観戦していて、気になった皆さんへのアドバイスです。


7.緊張して負けたと思う方へ


試合に実力を発揮できない皆さん。
試合に望む考え方を少し変えてみましょう。

試合は発表会ではありません。
一世一代の舞台、でもありません。
財産を掛けたギャンブルでもないし、九死に一生を得る危険なことに挑戦しているわけでもありません。
あなたに失うものはなにも無いはず。あってもちっぽけなもののはずです。

自分の最高のものを発揮しなくては、などと思うのはおおきな間違い。
普段のレベルを100として、60%できれば「普通」の出来です。
80%できれば「今日は調子いいな、よかった。」
100%できたら「今日はついてる!絶好調」です。
年に1~2度120%の出来栄えでプレーできることがあります。
その時は、「ゾーンに入った!スーパー絶好調」です。
60%できれば、「まあいいんだ」と思うこと。
イメージに残っているのは、自分の過去の良いプレーだけですから。

「ミスをして、パートナーに迷惑を掛けないようにしよう。」
「ミスしたら恥ずかしい。」
などと結果を心配して自分で自分にプレッシャーをかけてしまう思考方法は禁物です。
入らなかったら入らないでしょうがない。
だって実力だもの。

「私と組んだってことは、私のミスを許すっていう事よ。」
何とか開き直れるような思考に切り替えましょう。

「遊びなのに、こんなに緊張しちゃって私って(俺って)案外可愛い。」

今まで経験した、もっと怖い、スリリングな状況を思い出してください。
チンピラに追いかけられたあの夜。
車にひかれそうになったあの時のこと。
好きな人に告白しようと思い、やっぱり告白できないあの時のこと。
海岸の高い岸壁から強風でバランスを崩し落ちそうになったあの瞬間のこと。

それに比べるとバウンドテニスでのこの緊張なんて、たいして怖くないのではないでしょうか。

ミスすることを考えるとミスします。
エースになることをイメージし、そうなることを願ってプレーするとエースが取れるものです。
不思議ですが、スポーツのあらゆる競技で強い選手達はそういうものを知っています。
「思ったことは実現する」ナポレオン・ヒルも言っています。

「このサービス今度も入らないかも」と思えば入りません。
「ああ、このストローク、ミスする気がする」と思うとミスします。

プレッシャーでがちがちになってきたら、気楽に、能天気に、無責任にプレーするよう心がけましょう。
入るか入らないか、分からないんだったら思い切って振り抜く。

良くも悪くも普段の実力が出るのがスポーツです。
試合は練習のつもりで、練習は試合のつもりで、を実践しましょう。
練習で自分にプレッシャーを掛ける方法はたくさんあります。
次もミスったら、ビール今晩お預け、とか。
普段が大事です。
スポンサーサイト




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/09/27 21:06】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tenniscoach.blog44.fc2.com/tb.php/202-1e07781c