FC2ブログ

第30回全日本バウンドテニス選手権大会

2012.05.09(00:03)

塁
ルイ13世
いや、塁13才

試合を見ていて

ヒタヒタと迫りくる、このまま負けてしまうのだろうという恐怖感と切なさ。
すこしづつ、全てがうまくいかないもどかしさと自分への怒り、挫折感
リードしているのに、ミスが怖くて怖くて萎縮してしまう、チキン(小心者)な自分への戸惑い

不安を感じたままプレーしていたらまず勝てない。
調子に乗れず勝てるのは相手が格下の場合だけ。
不安を無くせ。
不安を否定しろ。
こうプレーすれば良いはず、と自分を信じてプレーせよ。

序盤はスコアを意識して試合をすすめる。
中盤からは、スコアを忘れ、目の前の一球をどう打つのかということだけに集中するべし。
リードしていても、リードされていても、ゲームの結果を予想せず、今自分がするべきことに集中する(具体的に考える、自分の身体に命令する)

試合中は不思議と思った通りのことが起こる。
イメージしたとおりになる。
特に負のイメージが湧くとそのとおりに。
楽天家になるべし。
こうすればイケル!
と思考は、勝てる可能性の追求と実行あるのみ。

長く続くラリー中に、どれだけ自信を失わず、不安を抱かず打ち続けられるか。
相手とは、その気持ちの勝負

「慎重に」はマイナスのイメージ
萎縮、緊張を呼び込む。
「丁寧に」はプラスのイメージ
リラックスできシナヤカな動きができる。
丁寧に準備し、いさぎよく、振り抜くこと。

ラケットの振り方ばかり考え過ぎると、足が止まる。
打点のタイミングが狂う。
だからミスする。
もっと相手のことを考えよう。
自分のことはほどほどに。

どうやって終わらせるのか。
どういう勝負をするのか。
プランを持とう。
勝ちパターンを見つけて、繰り返そう。
綺麗に、楽にポイントが取れた方法を思い出し、繰り返そう。
運を天任せ、相手任せ、棚ボタ期待だけでは勝てない。

リードしたら更に調子に乗って行こう。
「イケイケ」で行こう。
相手は必死になり、同じ事をしていたら追いつかれる。
少しだけ、さっきまでより厳しいところへ。
少しだけ、さっきまでより良いボールを。

負けているのに、同じ事を頑張っていても逆転はできない。
がらっと戦法やボールの質を変えてみよう。
今のままなら、この先も今のまま。
ズルズル負けてしまうことだけは確か。

チャンスは互角
相手より先に攻めだすこと。
ボールを支配しよう。
ゲームを支配しよう。
失う怖さを考えず、獲得する喜びを目指そう。
立ち向かうこと。
勇気と自信を持って。

1ポイントも与えないつもりでプレーしよう。
4-0で5ゲーム連取
パーフェクト勝ちを目指してプレーすることで隙を作らないこと。
早めに相手をあきらめさせることが最高の戦略

0-3から逆転しよう。
相手に敗北感とショックを与え心を折ること。

リードされたら追いつくまではシンプルなプレー、ドン臭いショットで粘ろう。
追いついたら積極的なプレーに。
リードしたらイケイケで。
守って勝つ。攻めて勝つ。
両方出来ることを相手に知らしめる。
中途半端は禁物

大事な場面でのミスショット
今悔やむだけでなく、必ず練習して2度と同じ失敗をしないよう克服しなきゃだめだよ!
たまたまミス、はない。
未熟だというだけ。
練習不足の証


ああ試合したい、戦いたい。
そっちに行きた~い。





スポンサーサイト




コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tenniscoach.blog44.fc2.com/tb.php/193-5ec4ed14
  • まとめtyaiました【第30回全日本バウンドテニス選手権大会】【まとめwoネタ速neo】
    ルイ13世いや、塁13才試合を見ていてヒタヒタと迫りくる、このまま負けてしまうのだろうという恐怖感と切なさ。すこしづつ、全てがうまくいかないもどかしさと自分への怒り、挫折感リードしているのに、ミスが怖くて怖くて萎縮してしまう、チキン(小心者)な自分への...
【2012/05/12 12:06】