FC2ブログ

強いボールを打つ

2011.04.17(12:03)

久しぶりに技術についてです。
最近質問される事の多いことなので。

強いボール。
伸びのあるボール。
重いボール。


いろいろな表現や感覚がありますが、こういうボールを打つコツについてです。
単に「スイングスピードを速くしなさい」というお答えではなく、具体的な動作の3つのコツについて。

1.ラケットの真ん中に当てること
2.リラックス&タイト
3.息を吐く


この三つが重要かつ効果的なコツです。

「なんだ。」
とがっかりされる方も多いかと思いますが、知っていても出来ていない方ばかりなのです。
もう一度、ちゃんとやっているか確認して下さい。
3つともできたとき、それはもう素晴らしいボールが飛んでいくはずです。

1.ラケットの真ん中に当てること

テニスコーチを養成する専門学校で講師をしていたときのことです。
学生たちが「効果的な振動止めグッズの開発」をテーマに卒業研究をしていました。
販売されているすべての振動止めを集め、装着してインパクト時の振動を計測したデータを分析するのですが、そのデータを見て驚きました。

コーチの卵ですから、プレーヤーとしてもなかなか上手な学生たち10名がフラットで1000球ほど打ったデータです。
振動止めをつけるとたしかに極わずか振動は少なくなっています。
それよりも、センターに当たったときは振動止めをつけていようが付けまいが、振動は非常に少ないのです。
そして、センターを外したときは、振動止めをつけていようが付けまいが、大きな振動を生んでいたのです。
しかも、センターを外してヒットしたと思われるデータが異常にに多かったのです。
つまりほとんど真ん中でヒットしていなかったという驚きの結果が出てきたのです。
コマ数を多くしたVTR撮影の結果、センターよりもやや下でヒットする事が多いようでした。

バウンドテニスでも、インパクトが綺麗に取れている写真や、実際のプレーをよく見ると、スイートスポットである真ん中でヒットしている割合はかなり低いようです。
もちろん、打球スピードは上がりません。

ボールの上側を見ていると、そこがセンターに来るためにラケット面のやや下にボールが当たってしまうことになるようです。

つまり、スイートスポットでインパクトし、効率的にスピードを生むためにはボールの下側(底)の部分を観るようにすると真ん中でヒットできます。

ボールの底を見よ!
これがコツです。

2.リラックス&タイト


ボクシングでも、ゴルフでも、野球でも、剣道でも、鋭い打撃をするためには、リラックスし力まないことが打つ直前に必要なことと言われています。
もちろん、テニスもバウンドテニスも同じです。
グリップを軽くゆるゆるに持つことで、腕から肩から力が抜けます。
親指人差し指中指で軽く摘むように持つようにするとよいでしょう。
そして、インパクトで初めて全力を込めて握りしめるのです。
スイングに最後の加速が生まれ、また、相手の打球の勢いにも負けずに面がブレることが少なくなりボールにそのままパワーが伝わり、しっかり潰れてくれます。
「見た目より重いボール」を打の極意です。


3.息を吐く

息を吐ききる直前、筋肉の細胞に一番パワーが生まれる。
という研究結果があるそうです。
経験上も全く納得できます。
ということは、息を鋭く吐きながらフォワードスイングを行うとタイミングが合います。
プロテニス選手が打つとき声を出している光景はご存知のとおり。
これも、多くの方が活用していません。

以上3つのコツを一つづつマスターし全部できる様になる頃、相手が振り遅れたり、合わせ損なったり、「伸びてきますねえ~。」と感嘆してくれるようになっているはず。
ここぞというときには必ずこの三つが出来るようにし豪打をモノにして下さい。







スポンサーサイト




第2回全国BTラリー戦ベスト20結果発表!

2011.04.16(01:41)

平成22年4月1日~平成23年3月31日まで開催された、第2回全国BTラリー戦 BEST 20 記録大会が盛況に終了しました。

ランキングは → http://top20.boundtennis.or.jp/2011_03.pdf


なんと、優勝・準優勝チームとも、最後の3月大会で記録達成したチームが滑りこみ、直前まで1位をキープしていたビッグバード(大阪府)は残念ながら第3位になったしまう劇的な展開となりました。

広島県は第1回大会ベスト20に4チームも入賞した強豪県ですが、今回は1チームだけがベスト20にノミネート。
そして、見事優勝に輝いたのは、

第1回大会では第3位という実力チームであり、全く同じメンバーによる快挙達成です。
スコアは、【50/51/45】トータル146回と、第2位を8点も引き離す群を抜いた成績です。
昨年は1分間52という最高成績を記録し、今回も51という回数は出場チーム最高の成績です。
第3回目の45という成績がなんとも残念で、幻の合計150回達成まであとわずか。
第3回大会での達成目指して頑張ってください。

準優勝は、なのはな(長野・山梨・埼玉)という混成チームが見事合計138回で達成。
第1回大会での混成チームはベスト10圏外でしたが、今回は準優勝と6位と上位入選を果たしました。

長年のお付き合いが生むチームワークと信頼、そして絆での優勝を勝ち取った広島。
一つ今日はよろしく、と出会ったばかりの混成チームが準優勝。
BTラリー戦とは面白いものです。

第1回、第2回ともベスト20に入選したのは、他に、あっぷる米子BTT(鳥取)とBTM(東京)。
BTMは関東では名高いラリー名手がたくさんいるチームです。第5位という成績は昨年と全く一緒。
安定感抜群です。

20位の成績は昨年同様130回となりました。

BTラリー戦の目標数値が見えてきたようです。

東日本大震災

2011.04.03(15:39)

私の得た情報では、東日本大震災において、宮城県で2名の方が亡くなられたそうです。
亡くなられたバウンドテニス愛好者の方々のご冥福をお祈り申しあげます。
また、ご不自由な生活を余儀なくされておられる方々に心よりお見舞い申しあげます。
被災地域の一日も早い復旧をお祈り致しております。

まもなくバウンドテニス協会での義援金募集活動が始まります。

全日本選手権大会も開催される模様です。

関東以北では、練習はもちろん、予選会もままならない県もたくさんあります。

ひとりひとりができること。やるべき事。
被災者に対する思いやりが求められていると思います。

バウンドテニスができなくった皆さんの分まで、という心意気でがんばりましょう。


第10回なごやかバウンドテニス親善交流大会

2011.04.03(15:12)

第10回なごやかバウンドテニス親善交流大会

東日本大震災の影響と配慮から自粛、中止も検討したとのことでしたが、被災者の方から「私たちの分まで頑張ってほしい。是非予定通り開催してください。」との言伝もあり、【がんばれ東北関東バウンドテニス仲間】という横断幕が掲げられた中、愛知県名古屋市にて開催されました。

茨城県チームはシニアの部でなんと優勝!
「お手柔らかに」というお願いに、皆さん配慮していただいたようです。
フリーの部は、対戦者の皆さん配慮していただけず、3位グループ1回戦負けと、いいところなし。

矢場とんのみそかつ食べて元気だったのに残念です。
福井八木さん達、同率ジャンケンも制し見事優勝。おめでとうございました。
青木さんはじめ、大会役員の皆さんの気配り満載のおもてなしありがとうございました。


2011年04月

  1. 強いボールを打つ(04/17)
  2. 第2回全国BTラリー戦ベスト20結果発表!(04/16)
  3. 東日本大震災(04/03)
  4. 第10回なごやかバウンドテニス親善交流大会(04/03)