FC2ブログ

第6回関東ブロックバウンドテニス選手権大会

2011.02.12(02:51)

え~写真ありません。
newカメラ「CANON D60」持ってったのに、観戦・応援・会議・試合と忙しく‥‥。
成績とミニコメントを。

【ダブルス成績】
<フリー男子ダブルス>
優勝   小林 祥・吉澤達也(神奈川) 
準優勝  冬木健次・鈴木貴行(群馬)
第3位  林 光雄・佐藤 登(群馬)
ボレーの達人祥君、吉澤選手も終始安定し、力強いプレーで危なげなく優勝!お見事!
群馬県勢は、前日からホスト役に徹した結果に。

<ミドル男子ダブルス>
優勝   首藤廣明・中山俊一(神奈川)
準優勝  吉田輝明・佐藤伸夫(埼玉)
第3位  渡辺英二・小坂 功(神奈川)
接戦をものにしてきた吉田ペア。しかし疲れたか、余裕で勝ち上がってきた首藤ペアには敵わず。

<シニア男子ダブルス>
優勝   田中 理・吉本昌弘(東京)
準優勝  重田政治・鈴木平徳(茨城)
第3位  宮地孝全・米田善悦(埼玉)
シニアデビューの茨城ペア、立派でした。元全日本チャンピオンペアも関東では敵なしの強さ、貫禄充分の優勝。

<フリー女子ダブルス>
優勝   石井美紀・長岡めぐみ(神奈川)   
準優勝  渡辺悦子・矢野亜紀(群馬)
第3位  首藤智恵・西川千穂(神奈川)
フリーらしい若さあふれるダブルスでした。結構!

<ミドル女子ダブルス>
優勝   石川賀社代・長谷川幸江(茨城)
準優勝  佐藤志津江・丸山道子(埼玉)
第3位  大図行子・荒川仁美(茨城)
茨城万歳!石川長谷川おめでとおおおおおおおお!みんな実力付いてきたぞ!OK!
仁美!もっと勇気を出して攻めろ!

<シニア女子ダブルス>
優勝   井田正子・望月弘子(神奈川)
準優勝  白川房江・阪田和江(東京)
第3位  大林恵子・古屋時江(山梨)
 私のアシスタントになった白川さん残念!井田さんおめでとうございます。


【シングルス成績】
<フリー男子シングルス>
優勝   市川清文(山梨)
準優勝  小林大輔(神奈川)
第3位  鈴木貴行(群馬)
大輔君ついに蘇ったか。厳しい攻めと堅い守りが光っていました。もうちょい。それにしても市川選手はなんとも言えない強さ、しぶとさで準決勝鈴木君の3-0から5ゲーム連取。そしてまたまた優勝。素晴らしい。鮫も林君に打ち勝ちベスト4。この4人実に良いテニスです。速い攻め厳しい攻めで圧倒できるようさらに磨きをかけ、全日本上位独占してください!

<ミドル男子シングルス>
優勝   倉谷 守(神奈川)  
準優勝  伏木 (栃木)
第3位  小松平茂(東京)
首藤さんに圧勝し会場をわかせた新人伏木選手。テニス仕込みのプレーはなかなか。様子を見ずに最初から厳しく攻めた倉谷さんもさすがでした。関東のミドルは活気が出てきましたね。

<シニア男子シングルス>
優勝  井上善宣(山梨)
準優勝  米田善悦(埼玉)
第3位  幡野孝一(山梨)
米田さんダブルス3位に続き調子いいですね。しっかり練習やってそうです。山梨はフリーもシングルス優勝、ミドル獲ったらシングルス王国ですね。

<フリー女子シングルス>
優勝   長岡めぐみ(神奈川)
準優勝  渡辺悦子(群馬)
第3位  首藤智恵(神奈川)
こんな感じかな?パワーアップ、スピードアップが最終段階の目標。安定しつつも、攻めの厳しさを追求しましょう。

<ミドル女子シングルス>
優勝   吉田節子(埼玉)
準優勝  四ノ宮操(千葉)
第3位  荒川仁美(茨城)
吉田一家総帥が久しぶりに。ユニークな四ノ宮さんのプレースタイルに翻弄されつつも根性の優勝。バウンドは気合だ!荒川さんも3位決定戦は良かった!吉田さんの爪をもらって煎じて飲みましょう。

<シニア女子シングルス>
優勝   阪田和江(東京)
準優勝  広瀬フミ(東京)
第3位  中島はつ江(東京)
常連の3人。東京は強い!しぶとい!さっすが!

【私】
前日埼玉で練習させてもらい、岩崎くんに初負け。かなりしぶとくなっていた。ミス待ちではもう勝てない。
なぜか、フォアのショットのキレが悪い。
打点直前でボールが霞む。
今日は、メガネを新調して関東ブロックのためにバウンドテニス用メガネを新調。
パリミキで5万もかけたのに、レンズのよく見える範囲設定を10cm程間違えたようで作戦不発。
気を取り直し、群馬で夜練。鈴木君、林君、佐藤君達はホスト役に徹してくれてポロポロ負けてくれました

気持よく当日を迎えられましたが、ダブルスは1回戦、千葉の福田浅川さん達に苦戦。かなりエースを取られ危ないとこでしたが、なんとかスコアをまとめ突破。そして、第1シード林君、佐藤君ペアに完勝の3-1リードから逆転負け。やっぱり夕べの続きで勝っちゃうのかと思ってからずるずると。雰囲気良かったのになあ。

シングルスは、一回戦、会議中でお呼ばれ。随分相手の埼玉堀選手をまたせてしまったようで失礼しました。すごく重いサービスをほとんど返せず簡単にキープされ、最後にブレークされ3-4で堀選手のサービスという大ピンチ。テニス式リターンに切り替えようやく返球できるようなり、堀選手もびっくりしたのかミス連発してくれてタイブレークへ。やっとのことでリードでき勝利。噂よりもミス少なく、凄いサービスで参りました。

さあ、大輔先輩と勝負。
彼がかなりデブったときに初めて勝たせてもらい、1勝10敗程の対戦成績。
直近はダブルスでだが勝たせてもらっている。
いつもの彼は、序盤軽く流しながら様子をみる展開が多く、終盤まで接戦できる。そして最後に本気モードでやられてしまうのだが、なんとかこの隙をついてリードできると面白いのだが。

しかし、
今日は痩せている。
身のこなしも速い。
やる気満々。
まずい。

そして、1ゲーム目が大きな鍵を握ることに。
繰り返した長いジュースは14回とか。
ピンチに攻めてジュースに戻したり、アドバンテージを取るも、自分のゲームポイントではついつい本能的に安全なプレーを選択してしまい甘くなる。この展開から抜け出せない。
多種サービスを繰り出すが、リターンが上手すぎる。
ついに気合い負けしベストパフォーマンスの大輔くんのペースで試合は展開していく。

今回はこの長い1ゲーム目の途中から本気モードでやってきた。
やる気に火がついてしまったようだ。

重く速く伸びのある、コースも厳しいサービス。
変化は付けてこない。早く違うサービスを混ぜて欲しいのだが、今日は徹底している。

無駄なつなぎのない、毎回意味のある攻撃的なストローク。
意地をはらず、受けるときはしっかり返す守備。
えらい!俺よりえらい!

自分の展開になりポイント取れても、ゲームまでは取れない。
最後までサービスが返せない。

結果は1-5。
気持ちのいい敗戦だった。
10回ほどの長いジュースはもう一度あり、それが取れたとしても3-5で負けたな。

市川選手に終始リードしながらタイブレーク惜敗したものの、最近にない状態の良さは「大輔復活!」を思わせる。
全日本期待できるぞ。
「やや太り気味」のパワー増強を活かし、堅い守り、厳しい攻めで全日本ファイナリストに復活してくれ~。

俺は、メガネを作り替える。

群馬どうしたー!
2位3位ばっかりだぞー。

茨城良かったー。
スポンサーサイト




2011年02月

  1. 第6回関東ブロックバウンドテニス選手権大会(02/12)