FC2ブログ

第21回北信越バウンドテニス親善交流大会

2010.05.29(01:19)

送信者


きときと君も応援してくれた、スポレク富山2010リハーサル大会を兼ねた表記大会に行ってきました。
立山連峰の麓、滑川での大会は、沢山の若いスタッフが一生懸命運営をして、スムースな進行。
スポレクの成功間違いなしですね。Yさんご苦労様でした。
さすがバウンドテニス王国北信越、平均的にレベルが高く、「うまいっ」と感心するプレーがたくさん。
O女史もS鉄ちゃんも、Yご夫婦も楽しそうに苦戦していました。
そして皆さん真面目。プレースタイルもスタンダード。
しかし、丁寧につなぐ方が極端に少く感じました。
BTラリー戦の成績が??のも予想外。
懇親会も盛り上がっているのですが騒々しくなく、「冷静さ」が特徴である軍団のようです。
「富山は、人も歩いていないし、自転車も走っていないのね。」(花井先生)
に爆笑。ホタルイカがうまかった~。
ます寿しもうまかった~。
スポレクでまたお邪魔して、たくさん食うぞ~。
今回は一球も打たず。
夜は全日本のドローやスコアシート作成準備で宇奈月温泉にも入り忘れてバタンキュー。


スポンサーサイト




シャクナゲ 藤

2010.05.16(23:16)

足利フラワーパーク
2010.05.16
canon X



神奈川県バウンドテニス選手権大会観戦

2010.05.08(22:38)

ゴールデンウィーク最中、神奈川県選手権大会に視察に行ってきました。
さすがバウンドテニス王国、そこかしこで好試合が展開されていました。
シニアも、女子も、男子フリーのみならずレベルの高いゲームが多く、チャレンジャーがもう少しで勝利という場面を逃す試合が印象的でした。



★フリー男子シングルス決勝
小林兄弟対戦、弟祥くんに凱歌!
順当に駒を進めてきた兄大輔選手対、好敵手田中、佐藤選手に競り勝ってきた祥くん。
サービスが素晴らしくストロークのミスがあってもすぐ修正でき安定したプレーが光っていました。
お互いにボディ狙いの素晴らしいサービスを中心に組み立て、キープを繰り返したまま4-3に。

素晴らしいリターンとそのプレッシャーからか大輔くん痛恨のフォルト。
最後は祥くん得意のボレーで突き放し初優勝しました。

天才的ボレータッチからダブルススペシャリストとして名を馳せ、全日本も制している祥くんは、シングルスでは全く実績を残せず、本人も強さうまさを自覚していなかった頃とはずいぶん変わっていました。

以前は、2ミスもすると必要以上に考えすぎたり、調整しすぎたりして、またスコアや流れよりもミスした事自体を問題視する傾向が強く、空回りして自滅していくタイプでした。
今回全試合を通して、同じミスは繰り返さず、またポイントを連取されることがない試合運びは安定感、落ち着きのあるものでした。力むこともなく、シングルスプレーヤーとしてもかなりレベルアップしていました。
結婚したり、年取ったり、太ったりしたことが幸いしたのでしょう。兄はちょっと練習不足か、いつもの、大事な場面での攻撃的かつ精確なショットを繰り出せず、惜敗。試合運びのウマさで決勝まで順当に来ましたが、髪型と顔は精悍さを取り戻していましたが、ちょっとお腹が邪魔になってきたようで。

★フリー男子ダブルス決勝
4-0まで追い詰めた佐藤慶喜、谷村浩貴の20才ペアが新旧交代劇を完成できず、しのぎにしのいだ田中・佐藤ペアにタイブレーク逆転負け。
マッチポイント数回有ったもののやはり大事な場面での力みと萎縮、佐藤くんのナイスリターン、ボレーに夢敗れました。
しかし、慶喜くん、浩貴くんのストロークの鋭さは素晴らしく、来年は必ず押しきれるように成長していることでしょう。

★フリー女子シングルス
全日本4位、関東ブロックでも優勝を逃した首藤智恵さんは、勝たなくてはならない最後のチャンスというプレッシャーのなかでも、安定したストローク力でスコア的には順当な優勝。お見事。
ただ繋ぎしのぐだけでない配球や要所での攻めは、非力女性シングルスの一つの模範スタイルになってきていると思います。チャレンジャー達も決してまずいプレーをしているのではないのですが、やはり「自信と勇気を持ってしっかり攻める」という要素が物足りないと感じました。

★自信がぐらつき不安になり惜敗してしまった選手の皆さん
自信とは、「自分を信じる」ということであり、自然に湧いてくるものではありません。
一瞬でも不安になったとき、ネガティブになったときには、勝ち取ったポイント、効果のあったショット、通用するプレーなど、試合中の現実に起こった良かったプレーを思い出し、あれを繰り返せば勝てるんだという再現意欲の強さと、もう一度できるはずだと自分を信じる力が求められるのです。

ミスしそうな予感や、ゲームを落としそうなこと、試合に負けてしまうことなど予想したり、雰囲気に緊張しているところで止まっていてはいけないのです。
良かったプレーをリアルに思い出し、絶対もう一度成功させるぞと気合を入れ直す。
結果などは神様まかせ。
目の前の一打、1ポイントだけに集中することが、自分の潜在能力、ベストパフォーマンスを引き出せる唯一の方法です。
活き活きと、前向きに、楽観的に、元気よくプレーし続けましょう。

★全日本選手権大会出場権利取得選手★

フリー男子ダブルス   佐藤利文・田中友也
ミドル男子ダブルス   小林茂裕・倉谷守
シニア男子ダブルス   山根英夫・寒河江清

フリー女子ダブルス   首藤智恵・西川千穂
ミドル女子ダブルス   渡辺弘美・堀木綿子
シニア女子ダブルス   望月弘子・井田正子

フリー男子シングルス  小林 祥/小林大輔
ミドル男子シングルス   伊藤隆夫/中村洋一郎
シニア男子シングルス  広瀬 隆/寒河江 清

フリー女子シングルス   首藤智恵/佐藤初美
ミドル女子シングルス   中泉清美子/堀木綿子
シニア女子シングルス   関口つゆ子/大山千代

以上

全日本選手権大会、皆さん頑張ってください。










2010.05.05(22:49)

LinuxのUbuntu10.04日本語版がアップされました。
しかし、インストールすると即座にブラックアウトしてしまいます。誰か詳しい人いませんか?

今日はYakultテニス部シニアチームの皆さんと戸田グランドで一日テニスでした。
昨日は神奈川選手権大会視察。(後日アップロード致します)
一昨日は埼玉で強化練習会。
体はもうバリバリに固まっています。

今日は朝早かったので、ポピーの花を見つけて写真撮影。



2010年05月

  1. 第21回北信越バウンドテニス親善交流大会(05/29)
  2. シャクナゲ 藤(05/16)
  3. 神奈川県バウンドテニス選手権大会観戦(05/08)
  4. (05/05)