FC2ブログ

ベランダガーデニング

2010.04.30(14:22)

ベランダガーデニング


久々にお休み。天気も良かったので、亀の水槽掃除に続きベランダガーデニングを。
メイン作業は、どまんなか大会でいただいたシャコバサボテンの手入れ。
広がりすぎた葉の剪定と、挿し芽。
ペットボトルのそこを10cm程でカットし、土をいれてピンセットで差し込んでいく作業です。
ミズゴケがいいとも聞いたんですが、今回は「シャコバサボテン用の土」なるものを購入できたので直接挿し芽をしてみました。

花も。
今咲いている花で寄植えをし、これから咲く花も広がりを計算して寄植え。ああ夏が待ち遠しい。
3時間あまりの作業に腰が完全に固まりました。
花もフォームも、美しいものはいいですね。
スポンサーサイト




第25回埼玉県バウンドテニス選手権大会

2010.04.29(22:33)



埼玉県戸田での埼玉選手権大会に行ってきました。
今年は全日本選手権大会運営の責務から開放され、同僚の岩崎くんが初めての参加。どうなることやら。

結果は、富士見チームが惜しいところで敗退続出。
戸田、草加の勢いが優った大会となりました。
前々年全日本ダブルス準優勝の吉田/篠ペアがなんと一回戦聖君ペアに敗戦。
出だしからサービス、リターン、パッシングすべてが素晴らしく0-3からねばったもの追いつけずに終了。
フリー男子らしいレベルの高いショット炸裂の好試合でした。
勢い、シングルスも聖くんが優勝。単複制覇。和くんが全日本優勝してくれたおかげと、優勝スピーチ。
岩崎くんは、ひょうひょうと準優勝。
初めての全日本、選手参加おめでとう。

女性たちも華麗なウエア、華麗なプレーで質の高い戦いが沢山ありました。
今年も埼玉は強いかも。

おみやげに埼玉協会のロゴ入りウォームアップジャケットを頂きました。
森さん、運営ご苦労様でした。

第24回九州ブロックバウンドテニス親善交流大会

2010.04.25(23:44)



熊本に行ってきました。
今日は協会の仕事としてです。
朝一羽田からひとっ飛び。
お迎えにわざわざ来ていただいたYさんありがとうございました。

オープニングは、一人ひとりが鍛錬を物語るキレの良いハイヤ踊り。拍手喝采でした。
体育館では、上村さんから色々と九州の事情をお聞きしながら観戦。
350名を越す参加者の大人数にまずはびっくり。
しかも皆さん元気いっぱい。コートは騒然としています。
九州の人は熱い方が多く、歓喜の声、嘆きの声、応援団の鼓舞の声、賑やかな楽しい光景でした。
プレーも、関東など、丁寧につなぎ相手のミスでポイントを得ていく戦いが多いのですが、男性も女性もフルスイングが目立ち、一球一球スを心から楽しんでいる様子。荒いといえば荒いですが‥。

夜の盛大な懇親会も長崎蛇踊りの披露など、各県趣向を凝らし、名司会者の女性に男性軍仕切られ楽しい楽しいひとときでした。
私の仕事は、僭越ながら乾杯の音頭と、締めの万歳三唱、大会終了後の講評でした。

つかの間、水前寺公園、おみやげ屋さんで女性から肥後瑞喜のレクチャー、熊本城と散策をたのしめました。

昼休み鮫島君や名越、武末選手たちとラケットを借りて親善試合。
目が回るほどしごかれました。

みなさんありがとうございました。




関東ブロック選手権大会参戦記(反省記録文)

2010.04.20(22:34)

関東ブロック選手権浦安



【自分の対戦のこと】
●ダブルス
【心】
程良い興奮状態にはいったはずだった。
冷静さも保っているつもりなのだが、このところ維持している好調さが自意識過剰気味になり、「今日はやってやるぜ」と普段あまりない闘争心がメラメラと。
体が過剰反応し、必要以上に、タイミングも早く力がみなぎってしまう。
感覚でいうと『ゆったり、バギューン打法』のつもりが『ガッチリ、バコーン打法』になってしまう。

タイブレーク、マッチポイントでのサービス。
『キューンと伸びるサービス』が第一候補。
しかし、「右足が動きましたよ!というフォールト宣告ノ危険あり。中止。普通のサービスに。」と天使のささやきが。
「ここは戸田の聖くんも速いサービスを予想しているはずだから、チョロッと短いサービスでミスを誘えば?」と悪魔のささやき。
「でも男らしくないよ。ここは堂々と今まで通りのパターンで行くべきだよ」と天使。
「いいんだって。チョビだよ。チョロっていけばミスするって。」と悪魔が。
ほんとにミスしました。私が。
チョロっと打ったサービスはネットにかかりフォールト。
この悪魔め!お前のせいで勝ちが逃げたぞ!
だいたいお前はさっきも「打ち込んじゃえ、打ち込んじゃえ」と無理なパッシングばかりさせたじゃないかっ。
もうお前の言う事は聞かない。
普通にやる。
と打った楽勝なはずのパッシングは勢いがつかずネットに。

相手のマッチポイント。
「今までずーっと良かったけど、ここでパートナーのAさんがリターンミスするかも」と悪魔。
そんな予想するとその通りになっちゃうだろ!
「あ~。」とうつと同時に嘆きの荒尾さん。
ボールはベースラインを遥かに飛越し、ゲーム&マッチ。
悔やまれる敗戦でした。


【技】
ほんの少し興奮しすぎかインパクト直前にどうも力が入ってしまい会心のショット打てず。
冷静さがほんの僅かボールを引き付けすぎ、振り遅れてフレームショットや面がやや下向きの状態でミートしてしまいネット多発。
パッシングは強さに偏りコースが甘くボレーのうまい若いペアには通用せず。
やや抑えたコントローショットも、オンラインナイスパスはアウトと宣告され、それではと狭いコース狙いの低いボールは見事にボレーされ、聖くんも佐藤くんも緩いボールでアプローチしてくるため強打炸裂ショットへの変更も不発。
ここでもネット多し。
冷静さと向かっていく気持ちの強さ。このバランスが非常に難しい。
試合後聞くと、やはり緩めのアプローチショットは意識して狙って打っていたとのこと。
スピードよりもグリグリスピンで低く落とし、ボレーミスを誘えばよかったと試合後反省。

【体】
試合前体育館の外をランニング、フットワーク色々、ダイナミックストレッチで深部までウオームアップ完了。
とてもいい状態に準備完了。
初戦からベストで行けそうな気がする。
今タバコを吸っている連中には絶ティ負けねえ!

【戦術】
大人らしく、うまい配球やいなしタラリーを展開し、チャンスには一気に攻撃。
が予定だったが、いざコートに入り相手の一生懸命さに触れると、つい熱くなってしまい、ただただ打合ってしまう結果に。

【道具】
なくてはならない状態になってしまったSKINSのアンダーウェアで今日も身体は引き締まり快調。
あまりに合わないとホメられているadidasでウエアもOK。
靴下2枚重ね履きで足元も快調。のはずが、
フォールトを開始一本目に取られ足元に目を落とすと、靴がちが~う。
外履きのままだ!
履き替えるの忘れた。
関東ブロック連絡協議会の会議室から急いで出てきたから、こりゃマズイ。
バウンドテニス用じゃなくて古いすり減ったテニスシューズのまんまだ。
やっぱり滑る。
試合中だけど履き替えるか、このままこの試合はやっちゃおうか、迷い悩む。
いか~ん。ボールに集中。
どうにか忘れて集中できましたが、2試合目もそのまま忘れたまま途中で気づく有様。
3試合目直前にどうにか思い出し、バウンドテニス用adidasに。
誰か気づいて!ラケットもシューズも同じadidasバリケードデザインなのだあ。今年のマイブームなのだあ。

●シングルス

○篠くん
本日2試合目となる篠君とのシングルスでも、相変わらず力んだ状態。
やや力んだ状態でも通用する、7色打法の追加バージョン第8番目のショット、『強引なしかしあまり効果の少ないスピン(見た目のスイングの速さの割に、ボールが元気よく飛んでいかない)』でそのままつなぐことに。これが幸を奏し、とても打ちづらそうで、篠くん大切なポイントでのネットミス多し。今日は少し楽な展開で勝利。
「トオルさんのボールこないんだもん」と言い訳と私への苦手意識ありありの様子に、「フォッフォッフォッフォッフォ」とわざと作戦だった振りのような返答をしてやりました。

●鈴木くん

鈴木君の前で、誰かが調子はどうですかとの質問に
「絶好調だよ~。今日はだれにも負ける気しないし。」と挑発。
「やだな~!まずいよ~」と鈴木君。
「あれ、いたの? 気にならなかった。今日は小さく見えるな~。」とさらに挑発。

⇒関東ブロック選手権大会参戦記(反省記録文)の続きを読む

2010年04月

  1. ベランダガーデニング(04/30)
  2. 第25回埼玉県バウンドテニス選手権大会(04/29)
  3. 第24回九州ブロックバウンドテニス親善交流大会(04/25)
  4. 関東ブロック選手権大会参戦記(反省記録文)(04/20)