FC2ブログ

無事退院

2009.07.17(16:58)

手術しました。

全日本選手権の運営前から異変を感じていましたが、とうとう千駄ヶ谷でむちゃくちゃ腫れて脱肛状態。
サンプラザで夜も眠れずうんうん唸っていました。
緊急手術しようかと言われたのですが、あいにく満床。一泊26,000円の特別室では、さすが太っ腹の私も遠慮して、ベットが空き、上級審判員試験の終わる今日まで予定を伸ばしていたのでした。

脊椎くも膜下麻酔で、内痔核2箇所を結紮切除。1カ所をゴム輪結紮法。
痔の医療で有名な辻仲病院。6月にオープンした柏の葉キャンパス8階建ての新病院に入院してのことです。
まるでホテルのようなロビー。どこもかしこも清潔で美しく、看護師さんも皆可愛く親切。薬剤師のお兄さんまでアイドルのような笑顔で応対してくれます。
担当の先生は、前評判の高かった、関西弁が抜けない女医さんで(この方も美しい)手際、説明すべて良し。
切り取った、私を苦しめてきた赤貝のような分身を見せてくれました。
術前・術中・術直後、まったく痛みがなく、すべてが順調。
ただその後がいけません。

嫌だと言っていたのに、麻酔効いているうちに尿管を繋がれ、垂れ流し状態。
翌朝はずすときのなんともいえない嫌な感じの後、まったく息子は別人のような存在感。
おしっこを垂れ流すただの異物と化してしまったようです。
あんなに今まで従順に俺様の意のままに活躍してくれていたのに。
情けない。

下剤の効きが悪く、二日目の朝の初便は目から火花。
焼け火箸を突っ込まれたような激痛の後、コロッと出たのはサイコロステーキ一つ。
これだけ?!
こんなに痛かったのにこれだけかよっ!!
おもわず壁を殴りつけたほどのショック。
しかも激痛みは持続中。
神経はマヒしているはずなのに、まだ途中であることだけははっきりと認知できる状態。
左目から涙がツーっと頬を濡らし、およそ40分格闘。
サイコロ3つのあとは、下剤の効き目があったようでブハッと。
おせーんだよ!

ひりひり痛みを感じたまま、ベットに戻り傷心。
ナースコールして、キレてないか確認してもらい、下剤の強いのを追加要求。
これがいけなかった!
6時間後、こんどは急激な腹痛!と思ったら20秒後にあっという間に出たのです。
ちなみにトイレに座るまでは30秒かかります。
右手でお腹、左手でおしりを押さえながらろうかを吉本新喜劇のような分かりやすい格好で走る様は知っている人には絶対見せられない姿でした。
ナースコールして、こんな下剤いらない!と返却。

この病院にはスパがあって、自由に(基本は、階数で時間が決まっているのですが)入浴できます。ジャグジーです。
背中と腰と太ももがすぐしびれるので、一日数回入るとすーっと血行が良くなり痛みもとれます。
ドーナツ座布団も購入。退院したカーテン屋さんの患者さんが独自に作ったメイドイン千葉。
かなりいいです。良い座布団をお探しの方は紹介しますから声かけてください。

痛みと便通のコントロールは個人差があるから、頑張って工夫してくださいと、傷口は順調ということで退院。
すぐ次の人と入れ替わり。ほんとに人気のある病院です。
食事は今一ですが、痔の人にはこの病院お勧めします。

6泊7日の辻仲病院入院報告でした。







スポンサーサイト




上級審判員・指導員資格試験

2009.07.06(18:29)

7月5日(日)上級公認審判員/上級公認指導員の資格認定試験が名古屋で開催され、私を含む審判員は17名、指導員は6名の受験者が、なんとも苦しい戦いを強いられてきました。

「愛情を注いで採点するつもり。愛情が行き届かない方も出るかと思うが。」と小池専務理事

万一受かったとしても、おれは上級だと威張ってはいけません。上級の若葉マークなんですから。」と岩崎指導委員長

「さあ最後の筆記試験で、今までの減点を挽回してください。」佐々木審判部会長

「何回も受験する方が何人もいます。笑顔で次も受験してくださいね。」大山指導部会委員

先生方の、優しそうでいて、鋭い一撃のコメントに皆ノックアウト。

採点時の講評でも、
ネットをまたいだ人がいました。(あっちこっちで俺だ、おれもだ。)
大きな声はいいのだけど、威嚇するような言い方はいただけません。(あっ絶対おれのことだ。俺もかな。)
鉛筆で人を指すような真似はやめましょう。(なぜか多くの人がしーんと。こりゃみんなだなあ。)
10分間生徒を全く動かさず、ただただしゃべりまくっていた先生もいましたね。(あの人とあの人とあの人とあの人だな。)

審判実技。
タイブレークで痛恨の記入ミス!勝者が敗者に、敗者が勝者になっちゃてる?

審判講習会での模擬指導。
まあまあ。
時間を気にしすぎ、やや早口になってしまったか。

そして1時間みっちりかかる記述式筆記テスト。
記憶力の低下を感じるも、思ったよりスラスラ。

新幹線代も、ホテル代も、名古屋コーチン代も、みそカツ弁当代も無駄にならぬことを祈るばかり。
この重い疲れは何だ~~。
試験が終わり、解放された瞬間の、開き直ったみんなの態度、いえ笑顔。
TKMA君ご結婚&伊太利亜旅行おめでとう!

新幹線格安チケットの東海ツアーズこだまグリーン座席指定券で帰ろっと。
ジャイアンツの選手たちとホームで遭遇。
ずーっとサインに応えていたラミレス選手はエライ。
みんなカッコ良かったなあ。








2009年07月

  1. 無事退院(07/17)
  2. 上級審判員・指導員資格試験(07/06)