FC2ブログ

コスモス

2008.01.27(00:39)

2007秋のコスモスです。

小貝川のほとりで
スポンサーサイト




深く打つ!

2008.01.23(23:10)

【お悩み相談】
「ボールが浅くなるのはなぜ?どうすればいいですか?」
という質問をいただきました。

まず、深く打つメリットから

①深いところからだと相手の返球の往復に時間がかかり、余裕が生まれる。
②踏み込んだ強いボールを打たれなくなる
③角度をつけた攻撃をされない
④相手のボールが浅くなり、攻撃チャンスが生まれる


ですね。
深く打つことは、基本的には守り、有利にラリーを進める、チャンスメークの戦術です。
ボクサーのジャブみたいなものですね。
さて、ご質問の「深く打つためには?」ですが、トップスピン系の場合

浅くなるのは、
①打ちだす弾道が低い
②打球の力が弱い

の2点です。

原因克服策は、
①もっと打点よりも低いところから振り出す
②打点をややひきつける
  ※これは、打点がやや前過ぎて、ボールの上を打ってしまうことになっている場合
③打点をやや前にする
  ※これは、打点がやや後ろすぎて、ラケットフェースがやや下を向きすぎている場合
④インパクトの瞬間、小指・薬指を強く握りしめる
⑤もっと指先(ラケットヘッド)を下から上に回転させる


これで絶対あなたのショットは深くなります。
①から⑤まで一通り試してください。
一番変化のあったものが、あなたに一番欠けているものです。
2つくらい合わせて調整するのがよいでしょう。

結果報告してくださいね。


フォアハンドストロークVTR

2008.01.19(16:08)




①ターンとテークバックの速さ

②サイドステップを使ったフットワーク

③振りぬきの良いスィング

④打点に目線を残しヘッドアップしないこと



確実なストローク
つまり、ネットしない、アウトしない、コントロールをよくする、ミスヒットしないこと
この基本が重要です。
参考にしてください。


総和初心者講習会にて

2008.01.17(15:10)

古河で、総和BTC三和BTC主催の初心者講習会がありました。
6回連続の講習会です。
7時30分からの本番前に研修会を開催。今日はその講師がメイン。
いつも総和の方たちは勉強熱心でエライ!

さて、初回のテーマは「アバウトバウンドテニス」です。
最初は、デモンストレーションを見て、なるほどこんなスポーツかと思ってもらうためシングルスとダブルスのデモンストレーションです。
研修では初球空振り!笑いを十分にとった二人ですが、本番では華麗なストローク、ボレーを披露できました。

ラケッティング、一人ラリー、ペアラリー、ターゲットを狙って、ネットを挟んで、トス&ボレー、ダッシュ&ボレー、サービスからのボレー、ダブルスゲーム。
という流れで楽しく研修。今日何をどうやればいいのか全員納得。
⇒総和初心者講習会にての続きを読む

最後の日没

2008.01.04(19:43)

残照

大晦日、自宅ベランダからの富士山と日没
焼けるような残照は、心を熱く燃やします。
一年ありがとう!

2008年01月

  1. コスモス(01/27)
  2. 深く打つ!(01/23)
  3. フォアハンドストロークVTR(01/19)
  4. 総和初心者講習会にて(01/17)
  5. 最後の日没(01/04)