FC2ブログ

第八回さくらんぼ祭りバウンドテニスシングルス大会

2007.06.26(23:56)

BTさくらんぼ(結果表写真付)

楽しんできました。さくらんぼもたくさん食べ、土産もいっぱい。さすが、味が濃い!
芋なべ、その他料理も美味しく、種飛ばし大会も面白く、前夜祭も2次会も存分に楽しませていただきました。
ホスピタリティ溢れる大会運営の役員の皆様の暖かい気持ちが伝わってくるすばらしい大会でした。

さて、試合は予選リーグのブロックがツワモノ揃い。
結果的に、決勝トーナメントファイナリスト、親睦トーナメントファイナリストの4名がそろったブロックだったのです。
優勝した飯田選手は安定した厳しく深いストロークをサウスポーから繰り出し、全戦ほぼ圧勝。私もポイントは取れてもゲームは奪えず、あっという間に0-5負け。さすが小林ダイちゃんをタイブレークリードまで追い詰めた実力の持ち主でした。準優勝の秋元選手も若くて恐れを知らぬバカ打ち。練習ではミスも多く、ほぼ完勝だったのですが、これが試合が進むとだんだんどんどん入ってきて、すごいプレッシャーに。ラストゲーム私のサービスゲームをブレークされ、3-4負け。
予選R、親睦Tと2勝させていただいた、イッセー尾形似の地元鈴木さんも、相手のミスを誘うフォア・バックとも安定したストロークがいやらしく、精神的にかなり苦痛でした。
というわけで、私の結果は3位4位による親睦トーナメント優勝で敢闘賞ゲット。さくらんぼ4パックいただきました。

内容と反省は、飯田・秋元両選手のスピードボールでのラリーを3球連続続けられなかったこと。
原因は、反応がだんだん遅くなり、力んだスィングにならざるを得なかったことです。
具体的には、伏せた面でひきつけて強打するショットのはずが、打点が早すぎてネット。打点を前にして上にこすりあげるショットがひきつけすぎてサイドアウト。
リターンでも同様に、振り抜きがほんの少し悪く暴発。
テークバックの高さが意に反して若干高く、ネット。
強打されると、意識と実際の行動にずれを抱えたまま修正できず、試合が進んでしまったことです。右腕が言うことを聞いてくれず勝手に動いてしまう状態。(スポーツでもこれを老化といいますが)

勝負に徹し、作戦を駆使することはせず、ただ打ち合いに臨んだ点も良くはなかったのですが、ラケット試打も今回の大事なテーマ。スカッシュ用のストリングスは食いつき抜群!ただ1.15という極細のため、スピンは最高のキレでしたが、48ポンドでも厚い当たりでは跳びすぎてしまい、アウトが多く、しかも6試合で切れる寸前。全力でスィングすると、フィニッシュでゴムのこげた匂いがするほどです。寿命は1日か2日!
50ポンドのナチュラルガットは、強打の応酬には適していましたが、スピンが今一。サービスはやや甘くなるようです。そして遅めのラリーではやや跳びすぎてしまいました。
ラケット自体のポテンシャルはかなり高いので、全日本まであと2週間の間に、ストリングスとテンションと自分のショットの相性を見極めることが課題です。

来年はミドルに転向予定。最後のフリーをいい結果で終わらせたいものです。3年連続ベスト16から上を目指し、目標はツワモノ一人を倒してのベスト8。調子とドロー運(相性)がよければベスト4!。でもこのまま行けばベスト32か?

昨年の全日本では圧勝した小玉君にも前日練習で0-5負け。かなり老けていました。いや、強くなっていました。トータル戦績では勝ち越しているはずのクラチャンにもたしか0-5負け。
みんなすばらしく強くなっています。ていうか、私が弱くなっている?のかも。

他の身内の選手たちでは、いわきでお世話しているフリー女子の四家さんが見事優勝!感激でボーっとし、終了後男子更衣室で着替えしちゃったのには笑いましたが。決勝の試合中2階席からマッチポイントを落とした彼女に思わず「バカッ」と怒鳴ってしまいましたが、内容は???でも結果は!!!でした。
茨城軍団は、シニアもミドルも相手に合わせすぎ。動きまで遅くなっちゃって普段のプレーとは随分違いました。
高田さんは次回、「風呂場で転ばないこと」ですね。
また、来年。オサムさん、待っててくださいね。


スポンサーサイト




いざ!さくらんぼ!

2007.06.20(23:04)

寒河江での『さくらんぼ大会』初エントリーです。
めずらしいシングルス大会。埼玉の吉田さん3連覇。極上のさくらんぼが賞品。親睦会では食べ放題!
これが私の知っている情報。
福島いわきでのテニスの仕事のあと、いわきのBT仲間と車で直行です。楽しみは他にも。
NEWラケット『BOUND ACE』をチューニングしてガットも新調して試合に臨みます。50pond,48pondでのテスト。スカッシュ用ガットがBTに合うかどうか。バランサーはどのタイプが一番感触がいいか。とにかくたくさん打ち合って、ミスを恐れず強打のオンパレードでどこまでできるか挑戦です。
ああ楽しみだぁ。

第2回 Dragon 6 チームマッチ in たつのこ

2007.06.20(22:54)

いよいよ Dragon6 Team Match 第2回大会の募集要項が決まりました。
各県協会、市協会宛に送付いたしますので、ご参加くださいね。
今年も役員一同やる気満々!
昨年度の収支はプラス¥72!
4万円ほどの余剰金は、皆さんからいただいた『ご祝儀』だったことが判明!
それでも今年は値上げなしで行こうと、決定しましたよ。
みなさん、ご参加のほどよろしくお願いします。

2007年度ドラゴン6大会要綱

COOLS

2007.06.03(22:56)

COOLS
懐かしき名称。青春の想い出。
昔、矢沢永吉率いるキャロルが池袋パルコの階段踊り場で10名程度の聴衆のまえでデビューしたときからファンだった私は、親衛隊兼会場整理係りで、キャロルのコンサートのお手伝いをしたこともありました。確か「COOLS」は前座バンド。でも次はお前達だと期待されていた超カッコいいグループでした。
布佐にリバーサイドという小粋な50'sの匂いのするお店がありまして、COOLSのドラムの人の面影があるマスターがいます。
ナポリタンとビン入りコーラがたいそう懐かしい味で、美味いのですが、船橋での試合の帰り、龍ヶ崎グループで寄りました。常連のお客さん(リーゼントのおじさんばっかり)で満席に近いのですが、みんなレトロな雰囲気が気に入り、早速注文。注文してから知った、『超激盛の店』というTVの切り抜き。\850で、ナポリタン&ドライカレーがおよそ3人前。懐かしい純粋な味のナポリタンは、絶品です。ふうふう言いながらやっとのことで全部食べられました。隣の席の方は見た事ない飲み物を注文。iskwさん「あれなんですか?」「あれは、アイスウィンナーコーヒーの特盛りです。」「……。」
「あなたぁ、パックに詰めて子供達の夕食にしましょう。」
50'sの雰囲気を楽しみ、静かに、永ちゃんやクールスの渡米昔話など語っている常連客の空気などかまいもせず、大騒ぎ。
「次は一人で絶対平らげて見せる」と美浦のペコちゃん。

試合よりもこの店のことのほうがインパクト強く、今日の想い出は激盛りナポリタンになってしまったようです。



船橋市民バウンドテニス大会参戦

2007.06.03(22:25)

第26回船橋春季市民バウンドテニス大会

つくば旅人・FIT・レインボーキラーの3ティーム18名、茨城から参戦しました。
結果は龍ヶ崎代表のレインボーキラーが実質優勝!残念ながら、実質です。
予選リーグ全勝。1位リーグ(1位~4位)も全勝して、皆さんに優勝おめでとうといわれながら、なぜだか1位リーグ、5位~8位優勝の花の都さんに総合優勝を持っていかれてしまいました。
割り切れぬ思いに、不満や非難も轟々でした(密やかに)が、まあ順位決めの方法は、役員の方々がいろいろ考えて決めることですから、ここは静かに拍手で。

リラックスできた微笑ましい準備体操。PCでの集計作業など迅速でスムースな試合進行。たくさんの人に当たる景品抽選会。(かえって当たらなかった人がごく少数すぎて悲しそうでしたが。)役員の皆さんご苦労様でした。

newラケットは多くの方が興味をお持ちでした。
「実力」とは6つの要素が足されたものです。
①基本的能力(運動神経・身長・骨格・筋肉などもって生まれたもの)
②技術力
③体力
④精神力
⑤知力
⑥用具用品の選択力

今度のnewラケット購入し、ストリングスのテンションを堅めに(男女とも45~48pondがお勧めです。)すると、⑥用具用品の選択力アップ、すなわち実力アップできますよ。

さあ、全日本選手権へ後約一ヶ月。伊藤竜二君とのダブルスもしっくりしてきました。直前にフリーの若手のスピードを体感することができれば結構楽しめそうです。シングルスのためにはあと3kg減量!間に合うか!
バームと酸素水と芍薬甘草湯とクエン酸を忘れずに体内に。お昼はバナナ。3日前からカフェイン抜きして、試合当日の朝ブラックコーヒーを。うーん完璧だ。

2007年06月

  1. 第八回さくらんぼ祭りバウンドテニスシングルス大会(06/26)
  2. いざ!さくらんぼ!(06/20)
  3. 第2回 Dragon 6 チームマッチ in たつのこ(06/20)
  4. COOLS(06/03)
  5. 船橋市民バウンドテニス大会参戦(06/03)