FC2ブログ

全日本選手権初日

2006.07.30(00:01)

全日本選手権初日はダブルスです。フリー・ミドルとも関東勢の猛者がバタバタと早々に敗れていく中、フリー東京代表の黒木・山崎ペア、神奈川の小林・田中ペアが生き残りをかけて熾烈な戦いを勝ち進み、完全復活した小林大輔君見事優勝!
安定したプレー、大事な場面でのスーパーショットが光っていました。

なぜか、関東のみんなは勝てそうな相手に、前半のミスが多く、リードされ、さきに4ゲーム取られての苦しい展開に、本来の実力を出し切れず、見ていても消化不良を感じる戦いばかりでした。

私はわずかバウンド歴2年半、3回目の全日本で、まだまだ知らない方のほうが圧倒的に多いのですが、毎年新星というかどんどん上手い、強い選手が出てきているように思います。ちょっとした展開のアヤ、ミスジャッジ含め大事なポイントでのラッキー、アンラッキー。誰が勝ってもおかしくない、紙一重の差で勝敗が決まっていく、群雄割拠の時代になってきてるなあと感じました。

今日の試合直前までマイパートナーTさん絶好調!
サービスは速く、両コーナーにビシッバシッ。ストロークもクロスがサイドラインに決まる決まる。今回は、ベスト8も狙えるかぁと静かに期待しておりました。
⇒全日本選手権初日の続きを読む
スポンサーサイト




T.Tennis付録DVD

2006.07.09(13:52)

モーレスモ!やりましたね。ハラハラしましたが最後まで崩れず見事ウィンブルドン優勝です。彼女の優勝を予想した(期待した?)私も鼻高々。だって努力していますもの。アイドル離れした、真のアスリートプレーヤーにたまには脚光が当たることもいいのではないでしょうか。ジュニアの時代から男じゃないの扱いされて可哀想だったし、良くくじけずここまで上がってきました。今ようやく『心技体知』全てがバランスよく高いレベルで維持できている状態でしょう。
展開的にはバックハンドスライスの使い方が上手く効果的だったんだろうと思います。しばらく(ここ1、2年)はトップで競うことでしょう。

男子はナダル!
最後まで自信が折れずにいければ、フェデラーを越すことができるでしょう。
フェデラーに火がつけばまた分からないでしょうが、ナダルで決まりかな?

さて、T.Tennisの今月号の付録はDVD、その中の■特典をクりックすると、我がDBL Tennis Coaching のレッスン動画が一つだけ入っています。ぜひ見てください。
続編はTennisStream.tvで会員になってくださいね。

ドラゴン6チームマッチ開催決定!

2006.07.05(22:18)

龍ヶ崎市バウンドテニスチームマッチ in たつのこ
"Dragon6 チームマッチ"開催決定!
9月17日(日)、龍ヶ崎のたつのこアリーナです。
6名、3ダブルスのチーム対抗戦。
午前中予選リーグ、午後は1位、2位による本戦トーナメントと3位チームの残念トーナメント。敗者戦も予定しています。
参加賞、賞品はなんと、1週間前の取れたて“コシヒカリ新米”!!
優勝10kg!準優勝5kg!(これからの雨次第でちょっと減る可能性もあり)
詳細は要項(クリックしてください)をご覧下さい。
県外の方の参加も大歓迎です。組み合わせも自由ですよ!

2006年07月

  1. 全日本選手権初日(07/30)
  2. T.Tennis付録DVD (07/09)
  3. ドラゴン6チームマッチ開催決定!(07/05)