FC2ブログ

ベランダガーデニング

2010.04.30(14:22)

ベランダガーデニング


久々にお休み。天気も良かったので、亀の水槽掃除に続きベランダガーデニングを。
メイン作業は、どまんなか大会でいただいたシャコバサボテンの手入れ。
広がりすぎた葉の剪定と、挿し芽。
ペットボトルのそこを10cm程でカットし、土をいれてピンセットで差し込んでいく作業です。
ミズゴケがいいとも聞いたんですが、今回は「シャコバサボテン用の土」なるものを購入できたので直接挿し芽をしてみました。

花も。
今咲いている花で寄植えをし、これから咲く花も広がりを計算して寄植え。ああ夏が待ち遠しい。
3時間あまりの作業に腰が完全に固まりました。
花もフォームも、美しいものはいいですね。
スポンサーサイト




競馬始めたけど

2009.03.23(01:01)

20年ぶりに競馬を。
その昔、テニスクラブのオーナーが大の競馬ファンで、馬も2~3頭所有してたほどでした。
毎週金曜土曜日曜は、中小企業の社長たちが10人ほどクラブハウスで寄合を持ち、真剣に調査した情報の発表、共有、各自予想。
その凄さ、裏情報の確かさ、当たる確率の高さ、ゲットする金額の高さ、驚くばかりでした。
「ほらまたおめーの給与とってやったぞ!」と私の給与はたった1レースでオーナーが獲得。
いろいろ当てる技術はこのとき盗み聞きしたもの。
なるほど、この厩舎がこういう風にレースに馬を出して来た時は、こっちの馬か。
賞金がこのくらいの時はこのクラスの馬はわざと優勝しないんだな。
このレースで一生懸命なのは、この馬とこの騎手と、この厩舎か。
などなどたくさんの暗黙の決まりがあることも知りました。
ガチンコのレースを見抜けば、スピード能力をちょっと複雑な計算をして算出。
おかげで、半年もしたら、一日5~6レーストータルでプラスにもっていくことができ、かなり小使いを荒稼ぎできるようになりました。障害を除く一日11レース全て的中も4~5回あります。
でも、時間が大変。1レースにほぼ30分。金曜日の夜と土曜日の夜は11時から3時すぎまで真剣な計算と情報分析がつづき、睡眠不足。
でも掛け金1日スタート3千円のみと決めた掛け方で生涯トータル60万円のプラスで終えました。

20年ぶりに軽い気持ちでトライ。
弥生賞3連単の2点予想で200円が13,000円に。
今はPCと無料ソフトでずいぶん便利に楽になったんですねぇ。
気を良くしてその後2週間経過。
当たり馬券ー2、はずれー38。勝率5%!
ひどい!
待っててください!必ず近いうちに収支プラスにして、ノウハウをそっと公開しますから。


最後の日没

2008.01.04(19:43)

残照

大晦日、自宅ベランダからの富士山と日没
焼けるような残照は、心を熱く燃やします。
一年ありがとう!

COOLS

2007.06.03(22:56)

COOLS
懐かしき名称。青春の想い出。
昔、矢沢永吉率いるキャロルが池袋パルコの階段踊り場で10名程度の聴衆のまえでデビューしたときからファンだった私は、親衛隊兼会場整理係りで、キャロルのコンサートのお手伝いをしたこともありました。確か「COOLS」は前座バンド。でも次はお前達だと期待されていた超カッコいいグループでした。
布佐にリバーサイドという小粋な50'sの匂いのするお店がありまして、COOLSのドラムの人の面影があるマスターがいます。
ナポリタンとビン入りコーラがたいそう懐かしい味で、美味いのですが、船橋での試合の帰り、龍ヶ崎グループで寄りました。常連のお客さん(リーゼントのおじさんばっかり)で満席に近いのですが、みんなレトロな雰囲気が気に入り、早速注文。注文してから知った、『超激盛の店』というTVの切り抜き。\850で、ナポリタン&ドライカレーがおよそ3人前。懐かしい純粋な味のナポリタンは、絶品です。ふうふう言いながらやっとのことで全部食べられました。隣の席の方は見た事ない飲み物を注文。iskwさん「あれなんですか?」「あれは、アイスウィンナーコーヒーの特盛りです。」「……。」
「あなたぁ、パックに詰めて子供達の夕食にしましょう。」
50'sの雰囲気を楽しみ、静かに、永ちゃんやクールスの渡米昔話など語っている常連客の空気などかまいもせず、大騒ぎ。
「次は一人で絶対平らげて見せる」と美浦のペコちゃん。

試合よりもこの店のことのほうがインパクト強く、今日の想い出は激盛りナポリタンになってしまったようです。



気づかない奴は最低

2006.04.06(15:51)

テーマ:男を動かす

伸びる奴、できる奴はすぐ見極められる。ダメな奴も。

ゴミを拾うかどうかで分かる。

まず、ゴミに気づかない奴

これは最低。

気づかないのは致命的。ちょっとした変化、その場の空気、違和感、美的感覚。そういうものが読めない奴。

何を教えても無駄。相手のことが分からないからコミュニケーションも下手。回りのことが分からないから、言われなければ何をすればいいのかも分からず、ほっとくといつもとんでもないことをしでかす。

ゴミに気づいても拾わない奴。

これが大多数。

人にくっついていくタイプ。リーダーや開拓者、責任者にはなれない。

自分がやる必要があるか、いや、ない。やらなければならないか、いや。誰かやるだろう。気がつかない振りして平気だろうか、大丈夫。このままにしていいか、そのうち誰かがやるだろう。

いつも、やったほうがいい理由、やれる理由を考えることはなく、やれない理由、やらなくていい理由を考える。だから平気で無責任。ただし、人の目、上司の目があるところでは、やらなくてはならない理由ができるからゴミを拾う。損した気分で。

ゴミに気がつき拾う奴。

3/4は、憎めないいい奴。拾ったけど捨てる場所に今度は困り、まったく誰が捨てたんだ!モラルの無いやつめと文句言いながら手に持って、ゴミ箱を探し、俺はゴミを拾ったよと、良いことをしたとちょっと思っちゃう、良い奴。

1/4が、できる奴

何気なく、さりげなく、ごく自然にゴミをポケットにすっとしまい、次に捨てる機会のあるときに、またさりげなく捨てる。すべて何事も無かったように。

できない人、どうしようもない人がいるのは当たり前。今心に余裕がないか、育ちにかわいそうな何かがあった人たち。

気づいたら、気づいた人がすればいいだけのこと。減るもんじゃなし、黙ってやってあげればいいじゃない。

きれいになれば、自分が気持ちよくなるだけのこと。とできる奴の弁。

脚下照顧…

Coach's Column 「男」

  1. ベランダガーデニング(04/30)
  2. 競馬始めたけど(03/23)
  3. 最後の日没(01/04)
  4. COOLS(06/03)
  5. 気づかない奴は最低(04/06)
次のページ