FC2ブログ

第24回関東ブロック親善交流大会

2012.12.02(23:08)



神奈川県藤沢市秋葉台文化体育館に、44チーム264名の選手が大集結。
負けるとみんな、「まあ親善交流だからと」言い訳をして、慰め合いながら初日の予選リーグを楽しみました。
懇親会も120名もの参加で中華料理屋さんはぎっしり。
大勢の客さんに慣れていな様子の店員は、酔っぱらいの勝手な注文にあたふた。
豪勢な抽選会、てきぱきとよく気がつくホスト役の神奈川県協会女性軍、こわもての司会者(失礼)のおかげでつつがなく、楽しい一夜を過ごすことができました。

2日目順位決定リーグとトーナメントも順調に、そして白熱した、戦いが繰り広げられ、地元神奈川県が埼玉県を下し優勝。メンバー的には順当な優勝でしたが、攻めの厳しさ、テンポの良さは、またレベルが上がった感がしました。

2日間通しててきぱき進行し、予定時刻前に終了する見事な運営。
経験豊かといえど準備万端、用意周到さが伺えました。30名の運営役員、選手70名を配しての神奈川軍団は、ベテランから、若手までそれぞれの責務をしっかり果たし、競技においてもチーム優勝、そして総合成績優勝で山下杯奪取と、全く恐れ入る結果を残し、王国神奈川ここにあり!と敬服の限りです。
ちなみに、我が茨城県ドラゴンも2位トーナメント優勝で豚肉ゲット。(今日は、みんな良かったよ)

【今回のアドバイス】
●その一
中途半端な人たちへ
ゲームの山場で「置きに行く」「入れに行く」「無難に」というプレーがすごく目立ちます。
コースもボールも甘くなり、逆襲されてしまうケースばかり。
「手を抜いて勝てるほど私はうまくないんだ。」と自分に言い聞かせましょう。
「目一杯頑張って、必死になって、やっと通じるのが私の実力」と肝に命じましょう。
「一生懸命」ではなく、正確には「一所懸命」
気合を入れて立ち向かうことでこそ、良い結果に恵まれるのです。

●その二
強い人たちへ
その試合にただ勝つことを目標にしていると、レベルはいつの間にか下がってしまうものです。
目一杯真剣にならなくても、結局相手の自滅で勝ててしまう場合が多いからです。
いつも、7ゲームマッチだったら4-0,9ゲームマッチだったら5-0で勝ち上がることが目標ですよ。
格が違うことを相手に知らしめる。
「さすがだなあ」と見てる人たちを感心させる。
少しでも追いつこうとみんなも更に頑張る。
自分のレベルをさらに上げることで、周りのみんなもレベルが上がります。
そんな使命感を持って勝つこと。

さらに早く簡単に勝つ。
さらに速いボールで決める。
さらに早く厳しい攻めで付け入る隙を与えない。
さらに強固な守りで反撃を許さない。

これが真の王者への道です。
外面はにこやかに、内面は鬼のように。
もっと頑張れ~!関東の強い選手達~!



スポンサーサイト




ゴールド岡山大会2012

2012.11.20(11:47)



シニアチーム日本一を決めるゴールド大会が岡山桃太郎アリーナで開催されました。
54チーム216名の選手、役員含め300名もの盛大な大会になりました。
シニアと思えぬプレー、躍動感、元気いっぱいの皆さんは上手に人生を歩んでいられる方ばかりなんだろうなあと感心。日本一は広島県の「カオルッチ」チーム。チャンス、ピンチに強くさすが試合巧者ぞろいのチームでした。
日本2位は茨城「つくば旅人」チーム。女性はおしとやかなのので出足が悪く、ピンチになって燃えないと実力が発揮できないタイプ。男性は優しい人たちなので、相手をやっつけることができないため、あと一本のチャンスにめっぽう弱いタイプ。でもファイナリストはお見事。
3位はけが人を抱えた大阪チーム。
大会運営は準備がとてもよく、素晴らしい内容、素晴らしい進行で、まるで、ゴールド大会運営専門部隊のようでした。
詳しい結果はしばらくしてから。
まずは想い出の写真をどーぞ。

茨城県バウンドテニス親善交流大会2012

2012.07.28(12:52)



180名、福島県軍団含む1都7県からたくさんの方に参加していただきました。
元チャンピオンもたくさん。
レベルの高い大会に、勝ち負け別にして、皆さん楽しんでいただけたようです。
ありがとうございました。


皆さんドラゴン5という大会名で申し込みいただいたり問い合わせをいただきましたが、この大会は茨城県主催の県内外親善交流大会が正解です。
ドラゴン5は存在しないのです。
ドラゴン1は全日本直前の出場選手を中心にしたダブルスとシングルスの龍ヶ崎市主催強化試合。
ドラゴン6は、スポレク形式の龍ヶ崎市主催チーム戦。

でも、あまりに多くの方が「ドラ5」と称していただいているので、来年はその名前になるかも。
理事会で検討いたします。

さて、練習不足の私は久しぶりのバウンドテニス。
もっと練習不足の戸田の聖くんとシングルス。ネット際へのドロップショット攻撃に心身とも苦しみながらもなんとか勝利。
茨城宮川さんには貫禄でタイブレーク勝ち。
チームは1位リーグに入ったものの、この高いレベルの1位リーグでは善戦したものの、惜敗。

首藤vs谷村、大輔vs吉田和君などなど、新旧対決のシングルスは見応えがありました。
皆さん来年もまた来てくださいね。

第30回全日本バウンドテニス選手権大会

2012.05.09(00:03)

塁
ルイ13世
いや、塁13才

試合を見ていて

ヒタヒタと迫りくる、このまま負けてしまうのだろうという恐怖感と切なさ。
すこしづつ、全てがうまくいかないもどかしさと自分への怒り、挫折感
リードしているのに、ミスが怖くて怖くて萎縮してしまう、チキン(小心者)な自分への戸惑い

不安を感じたままプレーしていたらまず勝てない。
調子に乗れず勝てるのは相手が格下の場合だけ。
不安を無くせ。
不安を否定しろ。
こうプレーすれば良いはず、と自分を信じてプレーせよ。

序盤はスコアを意識して試合をすすめる。
中盤からは、スコアを忘れ、目の前の一球をどう打つのかということだけに集中するべし。
リードしていても、リードされていても、ゲームの結果を予想せず、今自分がするべきことに集中する(具体的に考える、自分の身体に命令する)

試合中は不思議と思った通りのことが起こる。
イメージしたとおりになる。
特に負のイメージが湧くとそのとおりに。
楽天家になるべし。
こうすればイケル!
と思考は、勝てる可能性の追求と実行あるのみ。

長く続くラリー中に、どれだけ自信を失わず、不安を抱かず打ち続けられるか。
相手とは、その気持ちの勝負

「慎重に」はマイナスのイメージ
萎縮、緊張を呼び込む。
「丁寧に」はプラスのイメージ
リラックスできシナヤカな動きができる。
丁寧に準備し、いさぎよく、振り抜くこと。

ラケットの振り方ばかり考え過ぎると、足が止まる。
打点のタイミングが狂う。
だからミスする。
もっと相手のことを考えよう。
自分のことはほどほどに。

どうやって終わらせるのか。
どういう勝負をするのか。
プランを持とう。
勝ちパターンを見つけて、繰り返そう。
綺麗に、楽にポイントが取れた方法を思い出し、繰り返そう。
運を天任せ、相手任せ、棚ボタ期待だけでは勝てない。

リードしたら更に調子に乗って行こう。
「イケイケ」で行こう。
相手は必死になり、同じ事をしていたら追いつかれる。
少しだけ、さっきまでより厳しいところへ。
少しだけ、さっきまでより良いボールを。

負けているのに、同じ事を頑張っていても逆転はできない。
がらっと戦法やボールの質を変えてみよう。
今のままなら、この先も今のまま。
ズルズル負けてしまうことだけは確か。

チャンスは互角
相手より先に攻めだすこと。
ボールを支配しよう。
ゲームを支配しよう。
失う怖さを考えず、獲得する喜びを目指そう。
立ち向かうこと。
勇気と自信を持って。

1ポイントも与えないつもりでプレーしよう。
4-0で5ゲーム連取
パーフェクト勝ちを目指してプレーすることで隙を作らないこと。
早めに相手をあきらめさせることが最高の戦略

0-3から逆転しよう。
相手に敗北感とショックを与え心を折ること。

リードされたら追いつくまではシンプルなプレー、ドン臭いショットで粘ろう。
追いついたら積極的なプレーに。
リードしたらイケイケで。
守って勝つ。攻めて勝つ。
両方出来ることを相手に知らしめる。
中途半端は禁物

大事な場面でのミスショット
今悔やむだけでなく、必ず練習して2度と同じ失敗をしないよう克服しなきゃだめだよ!
たまたまミス、はない。
未熟だというだけ。
練習不足の証


ああ試合したい、戦いたい。
そっちに行きた~い。






第30回全日本バウンドテニス選手権大会

2012.05.08(02:46)

2012DRAGON1

復~活!!
元カリスマプレーヤー大輔選手、久しぶりに輝きを取り戻してくれました!
その輝きを引き出してくれたのはどうやら弟子の谷村選手
決勝は惜しくも、デビュー戦ゆえ?若さゆえ?素直な性格ゆえ?スコアと展開ゆえ?
緊張しすぎてしまったよう。
でも、良かった~。
しかし、最近いつもこのウエアだな。

(ここからは関東ブロック理事としての立場から)

さて、たくさんの関東勢がベスト4に、ファイナリストに、そして優勝に、頑張ってくれました。
フリー男子ダブルスは小林・谷村ペア(神奈川)が準優勝
そして、市川・角田ペア(山梨)が第4位

フリー女子ダブルスは渡辺・大竹ペア(群馬)が素晴らしいショットの連発で優勝!
タイブレークを制したのは神様の贈り物かも。

ミドル男子ダブルスは山岸・笠原(長野)の圧勝。強い!
残りの3組が関東、と言うよりも神奈川勢独占。ダブルス王国です。

ミドル女子は三上・長沢ペア(広島)が連覇!じわじわと逆転ししぶとく優勝
関東勢どうした。

シニア男子は広瀬さん(神奈川)単複制覇!
田中・今栄ペア(東京)が第4位
富田・内藤ペア(福井)が第3位を連続し実力を証明。

シニア女子は阪田・白川ペア(東京)が3回戦の接戦以外1ゲームも取られず優勝!

フリー男子シングルスは、やはりこの4人が出てきたかという面子。
来年も再来年もこの4人を中心に展開しそうです。
がんばろう関東!

フリー女子シングルスはつなぎに自信を持ち始めたそしてここというところで攻めることの出来る渡辺さん(群馬)が優勝!単福制覇!
「1週間前の田中先生との試合が良かったのです」と無理やり言わせました。
第3位の佐藤さん(神奈川)も良かった~。マタニティのような可憐なウエアに身をまとい、男らしさ溢れるキップのよいショット。カッコ良かった!岸野女王(東京)を破るなんて凄い!
第4位の西川さんも神奈川。
宮前さん(福井)も厳しい攻めのプレースタイルが出来てきて準優勝。まだまだのびるぜ~。

ミドル男子は連覇期待の岡咲さん(神奈川)破れて第3位
優勝した山下さん(愛知)のフォア、バック、果敢な攻めは素晴らしかったです。
戸井さん(徳島)、笠原さん(長野)とこの4人はしっかりシードを守り、来年もコンディション良ければ君臨しそうですね。
ミドル女子は清野さん(東京)が第3位。さすが安定しています。
他の関東ミドル女子、来年は頑張れ!

シニア男子は関東同士のというかペアwp組んでいる神奈川同士の決勝。
凄い!素晴らしい!
ヒゲのボリュームも増え血気盛んな広瀬さんが春沢さんの弱みを握っているのか圧勝でした。

シニア女子は茨城の大会にもよく来てくれる奥田さん(千葉)が初優勝。
これぞシニアのストローク力という正確無比なコントロールを見せてくれました。

と言うことで関東勢今年は大変良かったのではないかと。
関東ブロック強化委員会を近々発足するのですが、もう成果が出てしまったような活躍でした。

全部読んでくれた方、作成中のドロー結果表を御覧いただけます。
まだチェックし終わっていませんので不具合あるかもしれません。
オフィシャルデータではありませんので、そのへんのことを踏まえてご覧ください。
協会オフィシャルは今週末アップ予定です。

■第30回全日本選手権大会全結果

Let's play BOUND TENNIS

  1. 第24回関東ブロック親善交流大会(12/02)
  2. ゴールド岡山大会2012(11/20)
  3. 茨城県バウンドテニス親善交流大会2012(07/28)
  4. 第30回全日本バウンドテニス選手権大会(05/09)
  5. 第30回全日本バウンドテニス選手権大会(05/08)
次のページ